オタク・ワンダーランド

好きな作品の話とか考えたこととか

ブルベ夏、アイブロウジプシーの末自作に至る

茶色が似合わない。パーソナルカラーが夏なのを差し引いても、「夏向け」とされるココアブラウンさえ似合わない。

f:id:satanix:20201015155542j:plain

PC診断時にもらった似合う色リスト。茶色に〇がつかない

茶色が似合わないと何がまずいか。茶色の服は着なければいいし、アイシャドウはピンク〜紫をベースに戦えばいい。しかし。アイブロウ。市販のアイブロウパウダーは9割9分が茶色なのだ。探せばいくつかグレーのものも見つかり、茶色よりはずっと垢抜けて見えるものの、黒髪向けだからか色が濃い。色白の私が付けると「眉毛全部ペンシルで描いてる人」みたいになってしまう。

 

来る日も来る日も淡いグレー、欲を言えばパープルがかったアイブロウパウダーを探した。Twitterの検索履歴は「グレー アイブロウ OR 眉 pic」みたいなやつで埋め尽くされた。いっそアイシャドウでもよいと捜索範囲を拡大するもの、ついぞ条件にマッチするものが見つかることはなかった。

 

そんな中、偶然読んでいたブログで「無水エタノールプレスなる技と出会った。粉々になった化粧品を無水エタノールで練り、揮発させて固めるというものだ。えっ。これで既存の粉を混ぜれば好みのアイブロウパウダーが作れるのでは?深夜2時の衝撃。翌朝、私はドラッグストアに材料を買いに走った。

 

揃えたアイテムがこちら。

f:id:satanix:20201015155704j:plain
無水エタノール紫のアイシャドウ(ちふれ)、グレーのアイブロウパウダー(セザンヌ)、スパチュラ代わりのキューティクルプッシャー、容器。買い足したのはちふれと容器だけ。(無水エタノールはジェルネイルのクリーナーになるので持っていた。おすすめ)

どうにか調合してこうなった。

f:id:satanix:20201015155816j:plain

途中、さすがに青みが強いのでは?と思い、エレガンスの茶色いアイブロウパウダーを混ぜた。

そこに無水エタノールを入れ、練ったのちメイクスポンジで押し固めるとこう。

f:id:satanix:20201015155839j:plain

なかなか満足のいくパープルグレーに仕上がった。ワクワクしながら無水エタノールが揮発するのを待つ。

 

f:id:satanix:20201015155902j:plain

揮発した

湿っていた時から1段明るい色になった。ちふれのアイシャドウに意外とラメが入っていたのか、若干キラキラしている。塗ってみた。

f:id:satanix:20201015155956j:plain

ええやん!!パッと見グレー、明るいところで見るとふわっとパープルのニュアンス。オシャレやん。化粧を初めて5年くらい、ようやく納得いくアイブロウパウダーに出会えた気がする。同じくアイブロウジプシーをしている方がいたら、自作もぜひ視野に入れてみてください。めでたしめでたし。