オタク・ワンダーランド

好きな作品の話とか考えたこととか

不調の記録

精神科との付き合いは5年ちょい。救急車とか入院とかとはご縁がないが、慢性的に調子の悪いちょっとしたメンヘラですこんにちは。
犬が死んでガックシ落ち込んでから一時回復したものの、最近また調子が悪いので記録でもつけておこうかなとこれを書き始めた。認知の歪みがヤバいので、認知行動療法的な意図も兼ねて。別に読んで有益だったり楽しかったりはしないので、同志メンヘラ諸君に分かるわ~と思ってもらえたら嬉しいなくらいの記事です。

 

 

発狂2パターン

最近は気分がずっと沈んでいるわけではなくて、正気の時と狂っている時がある。狂っている時は狂っているので、自分がいかに歪んだ認知をしているか分からずもうダメだ世界おしまい死ぬしかないみたいな気分になるのだが、正気の時それを思い返すと何言ってたんだアイツ……?(他人事)になる。言うて正気の時でもシャワーを浴びるとか歯を磨くとか、もともとできていたことにさえ苦労するのでちょっとヤバいのかもしれない。なんならアニメ30分さえ集中して観られないし、すぐ読むつもりで買った本も積んでるし、仕事中も狂ったように眠いし……。
狂い方には2パターンあることに気づいたので分類をしておく。

パターンA.漠然とした不安、焦燥感
これは楽しかったあとに来がちでレア。退勤後にプリマジやって帰る時とか、友達と2日間めいっぱい遊んで帰る時とか。単に遊び疲れたというのもあるだろうし、平時と違うイベントはたとえ楽しいものでもストレスらしいのでそれもあるかもしれない。いずれにせよせっかく楽しかったのに不安と焦燥感で心臓をバクバクさせながら帰宅するの損すぎて本当にやめていただきたい。
脳内がざざざざっと黒く塗りつぶされるような感覚があって、とにかく漠然と不安、あと何かに急かされているような焦燥感で走り出したくなる。それ以外のことが何も考えられなくて、まさに「狂っている」という感じ。いろいろ試してはみたが、時の経過以外に解決策がない。ツラい。


パターンB.具体的な劣等感、希死念慮
これは朝高確率で来る。たぶん頭が暇なのが良くなくて、会社に向かっている最中にどんどん悪化して、昼頃にはケロっと落ち着いている。パターンAと比べて具体的なのが特徴で、ざっくり言うと「みんな〇〇なのにどうして私だけ××なんだろう、みんなきっと私のことをバカにしている、ツラい、消えたい、死ぬか」みたいな思考をしている。被害妄想ヤバすぎ。狂っている。今正気なので、狂っている時少しでも正気を取り戻せるように事実を綴っておきましょう。


1.しょうもない会社に勤めている
→誤り。そもそも職業に貴賤はないし、働いていない人だっている。弊社はみんなの憧れるような花形業界ではないが、普通にプライム市場上場の大会社(会社法のやつね)だし福利厚生もきちんとしている。しょうもなくはない。

2.しょうもない仕事で給料泥棒をしている

→誤り。異例の若さで経営関連の部署に来たため確かに大した仕事はできていないが、上もそれを承知の上で長い目で育成しようとしている。勉強も仕事のうちであり、別に給料泥棒ではない。

3.容姿が醜い

→主観によるので不明だが、持って生まれたカードを比較したところで仕方がない。親にブスと言われて育ったので真に受けているが、娘にそんなことを言う親はキチガイなので聞き入れる必要はない。デブなのもコンプレックスだが、BMI的には標準体重より低い。美容体重の人間を羨んだところで体を壊すだけ。そもそもルッキズムから脱却すべきなので、フォロワーおすすめの「美とミソジニー」を読みたい。(読む体力がない)

4.学歴(大学がFラン)

→誤り。早慶は世間的にはいい大学らしいし、自分をFラン呼ばわりすることで他の多くの大学まで貶めている。周りの人間に東大と医学部が多すぎるだけで、世の中のすべての人間が東大か医学部を出ているわけでは断じてない。

5.現状に不満を抱きつつ、脱する努力(資格勉強)をしない

→これに関してはなんも言えねえな。早く元気になって頑張ってください。

 

以上、(ほぼ)ぜ~~んぶ妄想だということが分かりました。なのでそんなしょうもない妄想で死ぬのはやめてください。この間ホームの黄色い線寄り歩いてたら後ろから電車が来て、「なるほどな、あと数十cm右に行けばいいんだわ 完全に理解した」みたいになったのかなり怖かったな。パターンBの狂いはパワフルなので気を付けなければならない。

 

通院ログ

狂い方がヤバすぎるし、ちょうど薬も切れたところだったので先日精神科に行ってきた。主治医は異能力者なので私の顔を見るとだいたい調子が分かるそうなのだが、「今回はちょっと沈み方が激しいね」とのこと。これ100%悪いことなんだけど、自分の苦しさを他人に訴えるのが苦手で(こうしてボソボソ独り言にすることならできるのに…)何がどのように辛いとか、死にたくなる時があるとかの話は一切していない。した方がいいんだよねマジで……。今回は狂ってる時用に頓服を処方してもらいたかったんだけどそれも言えず、いつものエビリファイがレキサルティにチェンジ。両方ドパミンをいい感じに調整してくれる薬だけど、レキサルティの方が血中濃度が安定しやすく効く人は効くとか。き、効いてくれ~~。

おくすり手帳を読むたびに思うんだけど、私たち人類は人格とか感情とか立派なモノを持っているように見えて、その実ドパミンだのセロトニンだのノルアドレナリンだのに振り回されているだけなの、めっちゃ怖くないですか?「私」という中心点なんかどこにもなくて、神経伝達物質だかホルモンだか(違いを解説する記事を読んだけどよく分からず諦めた)の働きが生み出した軌跡が「私」なんですよ…この話怖いからやめよっか……

 

とにかくなんもできね~のがツラいな。いやそういう言い方はよくない。事実を適切に認識していこう。仕事には行けてるけど、それ以外の全部――筋トレとか勉強とか読書とか――ができなくてツラい。早く完全体になりたい……。